公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)は具体的に何をするのかといえね、企業の財務諸表の監査証明を行うことが主な仕事です。 財務諸表、つまり、企業における経営成績や財務状態等が明記された決算書は、作成するだけでなく、その内容が正しいという事を証明する必要があります。 その為に、作成された財務諸表の内容をチェックして、間違いがないことを証明する監査の仕事を公認会計士が行っているのです。 ちなみに、この監査証明業務は公認会計士の資格を持っていなければ行う事ができない業務になっています。 それだけ、公認会計士の仕事は責任が重く、重要な仕事という事になりますね。 また、監査証明だけではなく、その知識を活かしたコンサルティング業務や、企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)内の会計士としての仕事を行う事もあります。 それに、公認会計士(会計系資格の最高峰とされる国家資格で、公認会計士試験は超難関試験として知られています)の資格を持っていれば、試験を受けなくても税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)の資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)が取れますので、企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)で財務諸表の作成をする際には手伝いをする事もできます。 つまり、これだけ幅広い仕事をする事をできるというわけですねー